コレステロール

検診でコレステロールがひっかかったけど、どうすればいいですか?

開院後、何度か受けた相談です。コレステロールが高くなる病気を脂質異常症と言います。血液中の脂が多くなり、放置すると血管が閉塞し、心筋梗塞や脳梗塞になる危険な病気ですが、発症するまで無症状なのが怖い病気です。

まずはご自身の検診結果を見てください。LDL、HDLの2つの項目があると思います。コレステロールとは血液中の脂成分で、誰がつけたかわかりませんが、善玉・悪玉とよく言われます。一応、、

LDL ⇨悪玉  HDL ⇨善玉

となります。重要なのはやはりLDL(悪玉)コレステロールの値です。これが基準値を超えている場合は、動脈硬化の検査を行うのが一般的で、首のエコー(頸動脈エコー)検査で血管内に脂がたまっていないかチェックします。

さらにLDLとHDLの比(L/H比)も重要です。基準値はさまざまですが、個人的にはLDLがHDLの2倍を超えていると要注意だと思います。糖尿病や血圧、喫煙などと重複するとさらに血液がドロドロになるので、注意してください。

まずは食事、運動の改善が重要ですが、薬で治療することもできます。気になる方はご相談ください。

院長、小島

PAGE TOP